ヘッダー画像

SITEMAP

東京都武蔵野市吉祥寺の自律神経失調症に詳しい整体院

自律神経失調症とは?症状と原因について!

自律神経失調症の説明をする先生日本心身医学会による定義での自律神経失調症は「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査で病変が認められず、かつ顕著な精神障害が認められないもの」と暫定的に定義されています。

簡単にいうと自律神経失調症とは、検査では特別な異常は見られず、自律神経が支配している交感神経と副交感神経がバランスを乱してしまい起こるさまざまな症状を起こしてしまった状態の事を言います。

自律神経失調症は病名ではなく、自律神経の乱れにより起こる様々な症状の総称を言います。特定の症状が定まらないために不定愁訴とも言われます。

自律神経って何?

自律神経の仕組み私たちの心と身体の機能を管理する為のネットワークはナーバスシステムと言います。

このナーバスシステムは2つに分かれていて中枢神経と末梢神経にで構成されています。

中枢神経は脳や脊髄髄にある神経で、末梢神経は身体の各部に張り巡らされていて各部の器官と情報をやり取りしています。

末梢神経は更に2つの神経のに分かれていて、体性神経と自律神経に分かれています。

・体性神経
外部からの情報を脳に伝えて、身体の各部分を自分の意思で動かす為の神経で「動物神経」とも言い我々がよく耳にする運動神経や感覚神経です。
・自律神経
自分の意思とは別に自動的に身体の機能を調整している神経で「植物神経」とも言います。 自律神経は更に2つに分かれ交感神経と副交感神経に分かれ、それぞれの状況に応じて役割を果たしています。

体性神経と自律神経との違い

体性神経と自律神経の違いを解りやすい例えで言えば、私たちは食事をする時に食物を口にいれて咀嚼して飲み込みます。ここまでは体性神経で自分の意思で筋肉を動かしています。

一方咀嚼をしているときに唾液が分泌されますが、これは自分の意思で出す事はありません。更に食物を飲み込んだあとは勝手に食道から胃まで運んでもらって胃で消化しのちに吸収し栄養となり不要なものは排出されます。

これらは自分の意思で行わなくとも勝手に自律神経が行ってくれています。

更にこの自律神経は交感神経と副交感神経に分かれて、ぞれぞれの役割を活動している時も寝ている時も24時間休まずに働いています。

交感神経と副交感神経の役割。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、常に廻りの状況や環境、時間帯などを勝手に自律神経が働き判断して適切に機能を働かせて調整しています。例えば暑くなれば発汗して体温の調節を行ったりします。

交感神経と副交感神経の役割交感神経

副交感神経

運動をしている時、私たちは興奮状態となります。心臓の拍動数は早くなり、汗が分泌されます。身体を活発に働かせる時に働く神経が交感神経です。

一方副交感神経は交感神経と逆の働きをします。例えば副交感神経が働くときには胃腸の働きが活発になり胃液の分泌も多くなります。

興奮している時、緊張している時によく胃が痛くなったり腹部の調子が悪くなるのは、過剰に交感神経が高まり胃腸の働きが低下する為です。

自律神経失調症の患者さんに胃の働きが弱っていて吐き気を感じている方が多いのも副交感神経にスイッチが入り辛くなっているためです。

自律神経失調症は自律神経がバランスを崩した状態

自律神経は、環境や状況に応じて適切に判断し自分の意思とは関係なく働いています。

しかし、自律神経が何らかの要因により適切に働かなくなった状態を自律神経失調症と言います。

もっと簡単ないい方をしますと交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えが上手に出来なくなり、副交感神経が働くべき時に働かなくなった状態などを言います。

例えば、副交感神経は夜になると活発になりリラックスした状態になりますが、それが適切に働かなくなった場合には、不眠症や中途覚醒といった自律神経失調症の症状の一つとして現れます。

また、副交感神経が働かなくなると胃の働きも悪くなり胃の不調が起こったり吐き気を感じるようになる事もあります。

自律神経の末梢神経は体中に張り巡らさせていて、あらゆる器官や臓器をコントロールしていますので、症状もさまざまです。

自律神経失調症の症状

自律神経のバランスが乱れる事により、身体の各部に表れる身体的な症状と精神状態に表れる症状があります。

身体の各部に表れる症状

症状に悩む女性頭部
頭痛・脳の疲労感
   
目の痛み、目の疲労感、眼球が動かしづらい
耳鳴り、眩暈
喉 ・食道
喉の違和感、喉の痛み、飲み込みづらい
口腔
口の渇き、味覚異常、唾液がたまる
首の痛み、首が回らない
肩が凝る、肩の痛み
心臓・胸部
動悸、胸の圧迫感、胸の痛み
呼吸器
息苦しい、呼吸が苦しい、呼吸が浅い
消化器   
吐き気がする、消化不良、便秘、下痢、胃の不快感、ガスが溜まる。   
腹部   
膨満感、下腹部が張る、ゴロゴロする    
ぼうこう   
残尿感、尿がでにくい、トイレが近い    
生殖器   
勃起障害、早漏、不感症、生理痛、生理不順、かゆみ

心に表れる症状

気持ちが晴れない
イライラする
急に涙がでる
不安感
集中力や記憶力の低下

自律神経失調症の原因となる要因

自律神経失調症の原因となる最大の要因はストレスです。ストレスが個人のストレス耐性を超えた時に自律神経のバランスを乱します。ストレスには精神的なストレスと身体的なストレスがあり常に自律神経に影響を与えています。

これらのストレスは緊張を生み身体を硬直させます。背中や胃の周辺の筋肉を硬直させ息苦しさや呼吸を苦しくさせます。そして呼吸が浅くなる事により、脳への酸素量が著しく低下して自律神経のバランスを乱してしまいます。

精神的なストレスと身体的なストレス

精神的なストレス

身体的なストレス

自律神経失調症の原因、最も影響を与える呼吸

整体の様子

自律神経に最も影響を与えている呼吸

自律神経失調症の原因は呼吸が浅い事

自律神経失調症の患者さんの身体を観察すると、呼吸が浅い事が分かります。健康であれば呼吸をする度に背中や胃の辺りが膨らみ上下に大きく動きますが自律神経のバランスが乱れている方は上下運動がありません。

呼吸が浅くなると脳への血流が不足して自律神経の原因とされている視床下部の機能が正常な働きをしなくなると考えられます。

呼吸が浅くなっている原因は、胃の周辺の腹部の硬直により横隔膜が動きづらくなっている事と肺の周辺の背中の硬直です。

胃の働きが悪く胃の働きが低下すると吐き気を感じるようになります。胃の周辺の硬直は息苦しさに影響を与えているだけではありません。

呼吸法などで呼吸が深く出来るように頑張っている方もいますが、その時だけ呼吸が深くできてもあまり意味がありません。

呼吸は努力してするものではなく、本来は無意識状態で行われるものです。努力する事なく24時間呼吸が深くできるようになるには、身体の硬直を緩める事が最も大切な事です。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線より徒歩5~6分

ページの先頭へ戻る

店内写真

copyright(C) 武蔵野市吉祥寺の自律神経失調症の整体「てぴあん整体院」All Rights Reserved