ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » 自律神経補足情報

全身を苦しめる自律神経失調症、症状、原因、改善方法を3分間で解説

自律神経失調症は、「自律神経の乱れ」が原因。私たちの体には、意識をしなくても自動で体の調子を整えてくれる自律神経というものがあります。

自律神経はこれで乱れる! NG生活習慣、遺伝、性格の影響とは

食生活と運動の改善。自律神経失調症と食事には深い関係があります。実際自律神経失調症にかかる人の食事を見ていると、偏った食生活をしている人が多いのです。

女性に自律神経失調症が多いのは女性ホルモン、セックスの影響とは

エストロゲンとプロゲステロン。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがあり、女性の一生を通して身体や心、脳や肌などにさまざまな影響を与えるホルモンです。

自律神経を平常に保つビタミンはこれだ! ストレス軽減も忘れずに

ビタミンBには神経のはたらきを正常に保ち自律神経失調症にも効果があり、不足すると自律神経のバランスを崩すとさえ言われています。

 

自律神経はバランスの問題、良い生活習慣とダメな食生活を知ろう

生活習慣が乱れていたり寝る時間や起きる時間が決まっていなかったりすると、自然に眠くなるというのが難しくなります。

 

自律神経失調症を「薬なし」で治す方法

自律神経失調症にかかる人は、几帳面で内向的、真面目で完璧主義、神経質、こだわりが強いなどある意味日本人にはよくあるような性格と言える人が多いです。

自律神経失調症と同じ症状だけど違う病気

自律神経失調症の症状の一つとしてめまいが上げられます。めまいは「末梢前庭性のめまい」と「非前庭性のめまい」に2つに分けられますが、自律神経失調症の症状として起こるめまいは後者の非前庭性のめまいです。

 

自律神経失調症と更年期障害の違いとは

生活習慣が乱れていたり寝る時間や起きる時間が決まっていなかったりすると、自然に眠くなるというのが難しくなります。

自律神経失調症とうつ病の違いとは

生活習慣が乱れていたり寝る時間や起きる時間が決まっていなかったりすると、自然に眠くなるというのが難しくなります。

 

自律神経失調症の「ちょっと難しい話」交感神経とは、副交感神経とは

生活習慣が乱れていたり寝る時間や起きる時間が決まっていなかったりすると、自然に眠くなるというのが難しくなります。

自律神経失調症を治してくれる医者ってどんな人?

生活習慣が乱れていたり寝る時間や起きる時間が決まっていなかったりすると、自然に眠くなるというのが難しくなります。

 

スマホが原因!? 現代の生活様式と自律神経失調症

生活習慣が乱れていたり寝る時間や起きる時間が決まっていなかったりすると、自然に眠くなるというのが難しくなります。

子供の自律神経失調症

生活習慣が乱れていたり寝る時間や起きる時間が決まっていなかったりすると、自然に眠くなるというのが難しくなります。

 

自律神経失調症と漢方薬や東洋医学

生活習慣が乱れていたり寝る時間や起きる時間が決まっていなかったりすると、自然に眠くなるというのが難しくなります。

もし会社の同僚が自律神経失調症だったら

生活習慣が乱れていたり寝る時間や起きる時間が決まっていなかったりすると、自然に眠くなるというのが難しくなります。

 

心療内科に行かずに自律神経失調症を治すには

■心療内科は敷居が高い!自分でできるアロマテラピー 「自律神経が乱れがちで体調が悪い・・・でも心療内科に行くのは勇気がいる」という人は多いかと思います。薬をどんどん出されて依存症のようになったら怖いとか、周りに変な目で見られたらと考える事もあるでしょう。

見逃さないで!自律神経失調症に至る遠因とは

■実は関係する?身体の硬さと自律神経 身体の歪みが自律神経に関係する、と聞いて驚く人も多いのではないでしょうか。例えば手を怪我してうまく使えない場合、日常生活に支障が出るほどなら、それもストレスになります。このように精神的ストレスが自律神経

心療内科に行くほどでもない、といううちに自宅で出来る治療とは

■自律神経失調症の治療にオススメその1 ヨガ「ヨガ教室に通って運動不足を解消したい」と思う事があっても、みんなでやる事や通う事に不安があれば、無理はしないで家でできるヨガを始めるのもいいでしょう。お気に入りのヨガウエアを選んだり、スポーツ用品展や

自律神経失調症の検査は複雑!いくつも病院を回ることも

■自律神経失調症と他の疾患の関連は? 自律神経失調症は診断が難しい疾患だと言えます。うつ病や睡眠障害などの脳の疾患と似たような症状がある為、それらの病気とも間違われやすいのです。動悸がするからと循環器科に行っても異常なし、

見落としやすい自律神経失調症の症状とは?

■汗のかき方が不安 人間が汗をかくのは体が体温を調節するためです。例えば運動をすると体が温まります。すると自律神経が働き、体温を調節してくれます。これが通常の状態なのですが、例題の様な状態以外で手の平や脇下

自律神経失調症かも?自己診断が危険な訳とは

■女性特有の更年期障害 40代、50代と年齢を重ねていくうちに気になり始めるのが更年期障害ですね。更年期障害の原因は、閉経とそれに伴う女性ホルモンの分泌の減少とされています。更年期障害の症状として精神経系、

サラリーパーソンに急増!自律神経失調症を発症したら

■平日も休日も忙しいサラリーパーソン 忙しい仕事を毎日こなすサラリーパーソンは、仕事以外の時間でもあの案件はどうしよう、納品は間に合うだろうかなど色々と考えてしまい心を完全に休める事が難しいのが現実です。残業や休日出勤、有給の

自律神経失調症、性別との関係性

■自律神経失調症は女性に多い 最近、女性の社会進出も増え結婚後、出産後も仕事を続けていると言う女性は増えてきました。しかし女性は男性とは違い、家事、子育てと両立しなければいけないのが現状です。保育施設などに預けながら仕事

自律神経失調症、自分で出来る様々な治療法

■不安定な心を落ち着かせる効果 自律神経失調症は自律神経の乱れなどにより起こる症状です。自律神経の乱れにより不安感や恐怖症など症状は、人それぞれです。同時に治療法も様々で心療内科の医師によるカウンセリングを

自律神経失調症と複雑に関わる病気とは

■1番間違われやすい病気 自律神経失調症と診断されたのに、暫くすると「鬱病」と診断されたと言うケースは少なくありません。なぜ、この様な事が起こるのでしょう。

自律神経失調症を治したいなら食事から見直そう

■なぜ食事に気をつけないといけないの?自律神経失調症になってしまった人はもちろん、予防のためにも日々の食事はとても大切です。急な質問ですが、「人は何でできていると思いますか?」

自律神経失調症で入院するのはどんな時?その経過は?

■自律神経失調症で入院が必要なのはどんな時か 自律神経失調症は自律神経のバランスの乱れによるもので、出る症状は大まかなパターンはあっても人それぞれです。軽症であれば自宅療養で改善しますが、日常生活にも支障が出るような場合は入院加療が必要です。

自律神経失調症と脳の病気の関係とは

■自律神経と脳の関係自律神経をコントロールしているのは「脳」です。脳は大きく三層構造に分けると、一番外側が大脳新皮質、その内側が大脳辺縁系、最も中心にあるのが視床下部となります。

子どもや若年層の自律神経失調症

■子どもの自律神経がみだれている 大人の自律神経失調症のような症状を訴える子どもが増えています。増えている、というのは語弊があるかもしれません。以前からある程度はいたかもしれないといわれており、ただ病名がついていないだけで以前は

自律神経失調症の起立性調節障害とは?

■起立性調節障害とは? 起立性調節障害とは小児~思春期に多くみられます。起立性調節障害は脳貧血ともいえる状態で、立ち上がって位置が高くなった脳にスムーズに血液循環されず、脳実質が酸欠や栄養不足に陥り、意識を保つという脳

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線より徒歩5~6分

ページの先頭へ戻る

店内写真