ヘッダー画像

SITEMAP

HOME »  自律神経に効く漢方薬

自律神経失調症に効く漢方薬

漢方薬は東洋医学的な考え方により処方されます。東洋医学では病気の原因を内因(内的な感情)、外因(環境)、不在外因(生活習慣)の3つの要素が重なりあう事で病気になると考えています。

そのため、漢方療法では、体質、食欲、栄養状態、精神状態、生活習慣など、その人に関するすべての情報が診察のポイントとして勘案されます。

西洋薬は効き目が早くのが特徴ですが、根本的な改善というよりは症状を抑えるという色合いが強いと思います。それに対して漢方薬は体質自体を根本的に改善します。効果はおだやかですが長い目でみた場合は漢方薬をお勧めいたします。

漢方薬では患者さんを総合的にみて適切な薬を処方します。経験を積んだ漢方専門医に診察をうけ自分の体質に合ったお薬を見つけてもらいましょう。

市販されています漢方薬がドラッグストアなどで簡単に購入する事ができますが、自分で判断し試すよりも病院で処方してもらう方が適切な漢方薬を見つけてもらえます。

漢方薬は基本的に長期にわたり服用する事が多いので経済的にもメリットがあります。

漢方薬は自律神経失に効果的な薬が多い。

自律神経失調症に効果のある漢方薬の種類は豊富です。漢方薬は西洋薬と違い副作用も少なく、全く副作用がない訳ではありませんが、わりと安心して長期に渡り服用する事が出来ます。

効き目は、一般的に穏やかだと言われておりますが個人的に感じた事は症状が強くなければ一週間ほどで十分に効果が表れる場合もあります。

なんとなく体調がすぐれない場合には私自身も漢方を利用していますが、思ったよりも効果が早く現れるような印象を持っています。

漢方薬は病院でも処方してもらえる

漢方薬は漢方薬店で薬剤師さんに相談しながら自費で購入する事もできますが、ありがたい事に病院でも処方して貰えます。

何処でも処方してもらえるのではなく漢方を処方して貰える病院を検索して近所の通い易い病院で処方して貰いましょう。

漢方薬の種類は個人病院では2種類まで、総合病院では3種類まで処方して貰えるそうです。最初は、2週間ほどの漢方薬を処方して貰えるようです。

費用は、私個人の場合は3割負担で2種類の漢方薬(補中益気湯と八味地黄丸)を処方して貰った場合、2週間分で診察と漢方薬を合わせた合計金額が2,830円でした。

長期に飲み続ける場合には負担も大きくなりますので、是非病院で処方して貰う事をおすすめいたします。

自律神経失調症に効果的な漢方薬の種類

漢方薬の種類 効果効能
加味逍遥散
(虚~中間証)
貧血気味で足腰が冷える虚弱体質の人、肩凝り、頭痛、眩暈、のぼせ、動悸、月経不順、便秘、不眠症、不安、疲労感、イライラなど
補中益気湯
(虚証)
胃腸の働きをよくして体力を回復をさせる。疲労感、食欲不振、胃弱、夏やせ、長びく風邪、痔、病中・病後、手術後などで体力が弱っている場合など。
柴胡加竜骨牡蛎湯
(実~虚証)
神経の興奮を沈める。心身の状態を改善。高血圧や動脈硬化にともなう諸症状、神経症や不眠、精神面からくる動悸や性的機能の低下など。
桂枝加竜骨牡蛎湯
(虚証)
神経の興奮を沈める。気力を高め心の状態をよくします。神経症や不眠、夜尿症、また、精神面がかかわる動悸や性的機能の低下など。
桂枝加芍薬湯
(実~虚証)
腹部の貼り感、腹痛や排便異常、下痢もしくは便秘でも服用可能。ふだんから胃腸が弱く、体力がなく活力のない人に。 常習性の便秘など
苓桂朮甘湯
(虚証)
おもに眩暈の人に用いられる。めまいや立ちくらみ症状を中心に、動悸や息切れ、のぼせ、頭痛、神経症。低血圧で胃の張り感があり頻尿のある人向き。
半夏厚朴湯
(虚証)
神経の興奮を抑え心身の状態をよくします。また、咳や吐き気をおさえる作用もあります。喉に違和感を感じる人に好まれています。
当帰芍薬散
(虚証)
血行を改善し体をあたため貧血症状を改善。ホルモンバランスを改善させる効果も期待できるため女性に人気。冷え性、貧血症状、生理不順、生理痛、生理前後の不快症状、不妊症、むくみ、頭痛、めまい、肩こり、更年期障害など。女性によくある症状によく適合する漢方薬です。
黄連解毒湯
(中間~実証)
身体の熱や炎症をとる。のぼせ気味で精神不安、不眠、イライラなどの精神神経症状、体力があり血圧が高い人に用いられる。
抑肝散
(中間~虚証)
神経の興奮を抑える。筋肉を緩めて心身の状態を整える。イライラ感、不眠症などの精神神経症状、、手足のふるえ、けいれん、子供の夜なき、ひきつけなどに適応。

長期に飲み続ける場合には負担も大きくなりますので、是非病院で処方して貰う事をおすすめいたします。

自立神経失調症

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線より徒歩5~6分

ページの先頭へ戻る

整体院の内装