ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » 自律神経失調症の薬   

自律神経失調症の治療は薬物療法が中心

自律神経失調症の治療方法で最もポピュラーな方法は薬物療法です。精神科若しくは心療内科で自律神経失調症のチェックを受けて診断が決まれば薬物を処方されて様子をみる事になります。

薬物には症状により様々な種類があります自律神経失調症に使われる薬には、自律神経調整薬、自律神経作用薬、不安や緊張を柔らげる抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬など、それ以外にビタミン剤などが処方される場合があります。

服用する際の注意事項

医師は患者の病態や症状などから総合判断して服用する薬を処方します。服用してからすぐに効果の顕われる薬とすぐに効果が表れない薬があります。効果が顕われ症状が改善し治ってしまったと勘違いして薬を止めてしまうと、再び症状が顕われて実は治っていなかったという事になります。

抗うつ薬などはすぐに効果は顕われず服用を開始してから3日から7日ほどは薬の副作用が出る場合があり、それも暫く飲み続けていると副作用の症状は消えて行きます。

薬の服用に関しては、医師の指示を守り服用しましょう。減薬したい場合や止めたい場合にも医師の指示に従い自分で判断する事は治療効果を遅らせてしまいます。

不安感を和らげてリラックスさせる抗不安薬。

抗不安薬は大脳辺縁系に働きかけて不安感を柔らげ、筋肉を緩めてリラックスさせる作用があり、強いストレスを感じている場合に用いられます。種類も強さや持続時間もさまざまですので、医師に症状を話して適切な処方をしてもらいます。

自律神経失調症に最もよく処方される薬で一般的に精神安定剤と呼ばれています。デパスなどは入眠障害をもつ方などに良く使われる薬ですが、このデパスも抗不安薬です。

薬の種類 薬剤名
抗不安薬 強い作用 デパス
レキソタン
メイラックス
中程度 ソラナックス
セルシン
エリスパン
弱い作用 セレナール
リーゼ
メイラックス

自律神経のバランスと整える薬

自律神経のバランスを整える薬には視床下部に働きかける「自律神経調整薬」と自律神経の末端に働きかける「自律神経抹消作用薬」があります。

自律神経調整薬

自律神経が乱れやすい人で割と軽度の症状の人に用いられます。中枢神経に働きかけて自律神経のバランスを整える薬。

自律神経抹消薬

自律神経は身体の各部に張り巡らされています。「自律神経抹消薬」は身体の末端に働きかけて特定の部位の症状に働きかけます。「自律神経抹消薬」には3種類がありそれぞれの作用と用いる薬は以下の通りです。

薬の種類 薬剤名
自律神経調整薬 中枢作用 ベレルガル
グランダキシン
ハイゼット
末梢神経作用 ブスコパン
バンサイン
リズミック

落ち込みや不安感に作用する抗うつ薬

うつ病に使われる薬ですが、抗不安薬や睡眠誘導薬の効果がみられない場合に用いられます。落ち込み、イライラ感、焦燥感、不安感の改善に効果があり自律神経失調症にもよく効くことが分かっています。三環系抗うつ薬と四環系抗うつ薬があります。

三環系抗うつ薬は精神分裂病に為に開発されたドグマチールなどが有名です。四環系抗うつ薬は比較的最近開発された薬になります。

薬の種類 薬剤名
抗うつ薬 三環系抗うつ薬 トリプラノール
トフラニール
プロチアデン
四環系抗うつ薬 テトラミド
テシプール
ルジオミール

不眠症に使われる薬

不眠症は自律神経失調症の症状の中でも特に重視すべき症状の一つです。睡眠不足により不規則な生活になりがちになり、自律神経が更に乱れるという悪循環を作りやすいためです。

この悪循環を断ち切るために用いられるのが睡眠導入剤などです。薬に対して副作用や止められなくなるのでは?などの心理的な抵抗があり服用をためらっている患者さんもいますが、私自身の経験から副作用などもなく、また止められなくなるなどの事は一切ありませんでした。

薬による副作用などの問題よりも、睡眠を取らない事による弊害の方が遥かに高いのではというのが当方の見解です。睡眠導入剤を服用しながら治療を進めて自律神経が安定してきたら医師と相談し薬を少しづつ減薬すれば良いと思います。

薬の種類 薬剤名
睡眠薬 短時間作用 ハルシオン
アモバン
エバミール
中時間作用 レンドルミン
ネルボン
ユーロジン
長時間作用 ベノジール
フェノバール
ソメリン

ホルモンをビタミン剤やホルモン剤で整える。

特に女性の場合にはホルモンの分泌による影響が大きくホルモンの分泌に働きかけるビタミン剤を処方される事もあります。またホルモンバランスを整えるためにホルモン剤での治療が行われる場合があります。

男性の場合でも、よく耳にする「テストステロン」の分泌が減少する事により、自律神経の乱れなどもあり男性のホルモン剤での治療も行われている医院もあります。

自律神経失調症は薬物療法だけではりません。

薬物療法も最も一般的に行われている療法ですが、薬物療法で改善がみられない場合や薬物に対して抵抗がある場合などは各種の療法があります。

自立神経失調症

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線より徒歩5~6分

ページの先頭へ戻る

整体院の内装