ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » うつ病と自律神経失調症の違い   

自律神経失調症とうつ病の違い

自律神経失調症とうつ病は、非常によく似ている共通する症状と明らかに違った症状があります。

自律神経失調症は、自律神経が支配する領域に症状があらわれるために個人差が大きく分かれて症状も極めて多岐に渡ります。

うつ病の特徴としては明確に精神症状に表れます。

うつ病にも自律神経失調症にも表れる症状

頭痛や疲労感といった症状は自律神経失調症にも当てはまりますが、絶望感や自殺願望、意欲の酷い減退などは自律神経失調症の患者さんには顕著に見られずうつ病の特徴です。

自律神経失調症とうつ病との違いを一言で表すと、うつ病には顕著な精神的な症状が顕われる事が特徴で、自律神経失調症は精神的な症状はそれほどでもないが、症状が全身に顕われ多岐に渡る症状があるといえます。

また、うつ病には仮面うつと言われる特徴的なうつ病があります。この仮面うつ病は自律神経失調症と間違われやすい病気なので理解しておく必要があります。

自律神経失調症と間違えやすい仮面うつ病

仮面うつ病というのは、精神的な症状が本来あるにも関わらず身体的な症状が強く感じられるために、身体的な症状に意識が向きすぎて精神的な症状を見逃しがちな状態にあるうつ病を仮面うつと言います。

この様な症状の場合には、内科などで診察を受けますが特に検査で異常がなく、精神科でうつ病の治療を受けると症状が軽快するなどは仮面うつ病と言えます。

仮面うつ病の場合には、身体的な症状が後退していく事により、うつ病の典型的な精神的な症状が前面に表れるといえます。この時点では、仮面うつ病ではなく通常タイプのうつ病です。

このように、仮面うつ病では身体症状が強く出るためにうつ病とは診断されづらく自律神経失調症と間違われやすい病気だといえます 。

次の項目で抑うつ度をチェックしてみて、うつ病に該当するかどうか自己診断チェックしてみましょう。

あなたの抑うつ度をチェックしてみましょう。

下記の項目の中で、最もあてはまるとおもわれる段階を選び、その数字の合計を出してください(米デュークツング氏のSDSより)

身体的なストレスと精神的なストレス

チェック項目 ないかたまに ときどき かなりの間 ほとんど
気が沈んで憂うつだ
朝がたはいちばん気分がよい 4 3 2 1
よく泣いたり、泣きたくなる
よく泣いたり、泣きたくなる
食欲はふつうである
まだ性欲がある。異性にたいする関心がある 1 3 4
やせてきたことに気づく 4 3 2 1
便秘をしている
ふだんよりも動悸がする 1 2 3 4
10 なんとなく疲れる
11 きもちはいつもさっぱりしている 4 3 2 1
12 いつもと変わりなく仕事をすることができる 4 3 2 1
13 落ち着かず、じっとしていられない
14 将来に希望がある 4 3 2 1
15 いつもよりイライラする
16 たやすく決断できる 4 3 2 1
17 役に立つ、働ける人間だと思う 4 3 2 1
18 生活はかなり充実している
19 自分がしんだほうがほかのものは楽にくらせると思う 1 2 3 4
20 日ごろしていることに満足している 4 3 2 1

ストレス耐性度の判定

自律神経失調症もうつ病も根底にあるのは同じ

抑うつ度をチェックしてみて如何でしたか?もし得点が40点以上の場合は、精神科や心療内科で詳しく調べてもらった方がよいでしょう。

自律神経失調症にも3つのタイプがあり、うつ病やパニック障害など、病気に名称をつけて分類しようとするといくつにも分けれれます。

当院では、精神的な症状を分類して病名を付けるような事は好みません。自律神経失調症もうつ病キッチリと線引き出来るようなものではないからです。

当院では、うつ病の原因も自律神経失調症も根底にある問題は同じだと感じています。

また、その他の精神的な疾患であるパニック障害なども同様で、共通する身体的な特徴は首、肩、背中の酷い凝りです。この酷い凝りが呼吸を困難にし、脳への血流障害となります。

自立神経失調症

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線より徒歩5~6分

ページの先頭へ戻る

整体院の内装