ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » 自律神経失調症とまちがいやすい病気

自律神経失調症とまちがいやすい病気

自律神経失調症の症状には、さまざまな不定愁訴があらわれますが、これらの症状を自律神経失調症だと決めつける事は危険です。

よく似た症状が顕われる主な病気を挙げておきたいと思います。

貧血

貧血にも自律神経失調症と同じように、眩暈、ふらつき、疲労感、動悸や息切れなどの症状があります。貧血には、鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血などの多くの貧血があります。以下のチェック項目で3つ以上あれば貧血の可能性があります。

貧血の症状

内科などで、赤血球数と血色素量(ヘモグロビン量)を検査して異常がないかどうかを調べてもらいましょう。

糖尿病

血液中のブドウ糖をエネルギーに代謝するインスリンの分泌異常により起こります。症状は、さまざまですが自律神経失調症と似ている症状では、手足のしびれ、立ちくらみがある、全身がだるい、疲れやすい、足が浮腫むなどの症状があります。

糖尿病の初期症状

糖尿病が怖いのは合併症で、動脈硬化、心臓病、あるいは失明なども引き起こす可能性がありますので、自律神経失調症で片づけてしまうと糖尿病の治療が遅れてしまいますので検査しましょう。

内科で尿糖や血糖の検査に異常がないか調べてもらいましょう。

バセドー病

甲状腺ホルモンの分泌異常によっておこる病気。眼球の突出、甲状腺(喉のあたり)の腫れなどの独特の症状があります。

バセドー病の症状

内科で血液検査をして甲状腺機能を検査して病気の有無を調べる。

脳腫瘍

身体の平行感悪をつかさどる脳幹部にできた脳腫瘍は、頭痛やふらつき、眩暈、耳鳴りなどの症状が出る場合があります。

脳外科で画像検査により病気の有無がわかります。

うつを引き起こすホルモンを出すガンがあります。ガンが原因のうつ症状によって自律神経失調症のような症状が出ることもありますので不安を払拭するためにもガンを疑い検査をする事も大切です。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線より徒歩5~6分

▲上に戻る ↑

整体を受けたお客様の声

お客さまの声お客さまの声