「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

SITEMAP

HOME »  身体のふらつきと眩暈  

身体のふらつき感と眩暈の原因と改善

眩暈、ふらつきを感じている人眩暈やふらつき感を感じ、耳鼻科で診てもらったが異常なし、薬を処方され様子を見てください。

というパターンが来店される方に非常に多く、耳鼻科では眩暈やふらつき感の改善は難しいのではないかと思います。

大概は、様子を見ても改善されず行き場を失いネットでいろいろ調べて当院に来店されるようです。

眩暈には自分の身体がフラフラする仮性めまいと周囲がグルグル回る感じがする真正めまいがあります。

いずれも当院では同じ原因によって起こるものと考えております。

眩暈とふらつきの原因

脳のイラスト眩暈やふらつき感を感じている方に是非確認して頂きたい事があります。確認して頂く事で眩暈とふらつき感の原因が理解して頂けるかと思います。

まず、耳たぶを人差指で押さえます。そうすると耳たぶが顎の骨と首筋の間の窪みに当たると思います。

そのポイントを直接指で触れてみて下さい。その部位がカチカチに硬直していませんか?

更にその人差し指をしっかり押さえながら顎の下側までスライドさせてみて下さい。

正常な状態であれば、痛みもなく窪みがあり柔軟性があります。ゴリゴリしていたり、痛みがあったり逆に、窪みがなく凝りで埋め尽くされていませんか?

もしそのような状態であれば、それが眩暈やふらつきの原因です。眩暈やふらつき感は自律神経の乱れによる起こるのではありません。

眩暈やふらつき感のある人の耳周辺の筋肉の状態

耳のイラスト眩暈やふらつき感がある人は必ず、耳の廻りや耳下の首筋から顎下までが酷く硬くなっています。

なぜ、この部位が硬くなると眩暈やふらつき感があるのかというと、この部位に通っている血管やリンパ液の流れが悪くなる事が原因だと思われます。

血液が耳の器官に供給されなくなり耳の器官の機能が働かなくなる事が原因の一つだと思われます。

もう一つの原因で考えられるのは、耳の中には三半規管がありこの三半規管にはリンパ液が流れていてリンパの量が一定に保たれています。

この量の調整が出来なくなった時に眩暈やふらつき感がでるのではと思っています。先ほどの部位が緩むことによりリンパ液の流れと血流の流れが正常になる事により症状が改善されると考えています。

眩暈とふらつき感を改善させるには?

眩暈とふらつき感を改善させる為には、先ほどの耳周辺や首筋、顎下の筋肉を緩めれば症状は改善されます。

但し、これらの部位の硬直は極めて緩みづらいのです。先ほどの部位を抑えて痛みがある方が改善しやすく、逆に凝りで埋め尽くされて押しても痛みを感じず鈍感な感覚の場合には極めて慢性化しています。

改善方法はいずれも同じです。自分で改善するには非常に根気がいる事は覚悟する必要があります。

症状の度合いにもよりますので一概に言う事は出来ない事も事実ですが、筋肉が緩めば改善しますので諦めずにやってみて下さい。

それでは、具体的な方法をお伝えいたします。

痛みを感じず鈍感になっている場合の改善法

先ほどの部位の状態により改善させる為のメソッドに違いがあります。まず最初は、筋肉が硬直し鈍感な感じになっている場合のメソッドです。

まず、あいうえおの「いー」という言葉を発する時に首筋に力が入るはずです。大げさに口角を下げて「いー」と言うようにします。実際に声は出さなくても大丈夫です。

そうすると乳鎖突起という筋肉がピーンと張るかと思います。それと同時に先ほどの硬直した部位に力をしっかりと入れます。

この状態を15秒ほど持続します。そして力を抜き休んで3回ほど繰り返してください。

その後に人差指と中指、薬指の3本の指をしっかりと揃えて、硬直した部位をマッサージします。

このメソッドを行うと他の部位にも力が入りますので、硬直した部位だけではなく力を入れた部位もしっかりとマッサージして老廃物を流してください。

三本の指を硬直した部位にしっかりと押しあてて、押しあてたまま前後にずらしてマッサージします。時間は2~3分位です。

これを一日に2回から3回行います。

痛みを強く感じる場合の改善方法

痛みを強く感じる場合には、老廃物が筋肉の表面に溜まっている状態です。このタイプの場合には、表面に溜まっている老廃物が排出されるだけで症状が改善される場合があります。

少し触れただけでも鋭い痛みを感じる場合には、少しだけ痛みを感じる程度にマッサージします。

マッサージの方法は、人差指、中指、薬指の3本をそろえて、そっと痛みのある部位にあてがい、優しく老廃物を流すような感じでマッサージします。

3本の指を痛みの部位に当てたまま上下、左右に指をずらします。あくまでも強く行わないようにしてください。

時間は一回に3分ほどで一日に2~3回行います。繰り返しているうちに老廃物が排出されて痛みが殆どなくなるはずです。

その頃には眩暈やふらつきが改善されている可能性があります。

痛みが殆どなくなり強めに押しても痛みを感じなくなった状態で、痛みを感じず鈍感になっている場合の方法に切り替えて行ってください。

上記のいずれの方法も、自分で眩暈とふらつき感を改善させる方法はハードルが高い方法ですので、ご承知おきください。

上記に加えて以下のメソッドで後頭部や首筋も緩めましょう。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線より徒歩5~6分

▲上に戻る ↑

整体を受けたお客様の声

お客さまの声お客さまの声