ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » 吐き気の原因と改善  

吐き気の原因と改善胃の働きが低下すると吐き気を催す。

吐き気を感じている人胃の働きは自律神経の副交感神経(弛緩)が優位になる事で活発化し、交感神経(興奮)が優位になると働きが低下します。

この事から緊張状態(交感神経が優位な状態)の人が胃の働きが低下し、吐き気を感じるという事は理解できるかと思います。

吐き気は胃の働きが弱くなり消化能力が低下すると吐き気を感じるようになります。

一時的に緊張し胃の働きが低下する分には、すぐに胃の働きも回復しますが、問題は緊張が長期化した場合です。

胃が働かなくなると吐き気を感じる。

一時的な場合には問題はなくとも、長期に渡る緊張(例えば職場の人間関係やリラックスできない家庭環境)は、常に交感神経にスイッチが入りやすい状態になります。

健全な自律神経は、緊張したり弛緩したりしてバランスをとっています。しかし、このように交互に交感神経と副交感神経が働かず、交感神経が優位な状態を持続すると胃の粘膜の修復も難しくなります。

胃の粘膜が修復されるためには副交感神経にスイッチが入らなければ、回復が遅れてしまいます。完全に修復が終わっていない状態でストレスをうけると更に胃の状態が悪化します。

吐き気を催す患者さんの腹部に触れると激しく痛みを感じる、若しくは慢性化して胃とその周辺の筋肉が硬くなっています。これは老廃物が蓄積されて外に排出されていない状態です。

老廃物がなぜ残るのかというと血流が悪くなり、老廃物が回収されていないからです。胃の働きが悪くなると胃の周辺の筋肉も硬直します。

胃の周辺の筋肉が硬くなる事により、更に血流がわるくなり胃の働きも悪くなるという悪循環を繰り返すようになり、吐き気を感じる頻度も高まります。

多くの場合の吐き気は体調が悪かったり、食後であったり不快な臭いを嗅いだ時や精神的なショックを受けた時などに起こりますが、酷くなると24時間、四六時中吐き気を感じている場合もあります。

胃が働かなくなると息苦しさも感じるようになる。

実は、胃の働きは吐き気だけではなく、息苦しさと深くかかわっています。胃の働きが悪い人は、胃の周辺が硬くなりその結果横隔膜が動きづらくなっているのです。

横隔膜が自由に動かないと自然に深く呼吸が出来なくなり意識的に、呼吸をしなければならなくなります。息苦しさの原因に関して詳しくはこちらをご覧ください。

息苦しさの原因と呼吸についての説明

吐き気を改善させる為に出来る事。

吐き気のイラスト吐き気を改善させる為には、自律神経のバランスを整え副交感神経が働くべき時に働くようにしなければなりません。

その為にできる事は、まず緊張を強いられるような場所から避難する事です。出来れば休職なども考慮にいれる必要性があります。

いかなる治療でも、ストレスを感じ続けながらの改善は効果が期待しづらくなります。

但し、自律神経が正常に働くようになるだけでは、吐き気を改善させる事は出来ません。なぜならば自律神経が正常に働き始めたとしても胃の裏の硬直が緩むわけではないからです。

吐き気のある患者さんは間違いなく胃の裏側が骨のように硬くなっています。この硬直が胃の働きを弱めています。

吐き気は自律神経だけの問題ではありません。

自律神経は全身に張り巡らせた末梢神経で、あらゆる臓器の働きを支配していますが、自律神経の働きだけではなく胃の周辺の筋肉の硬直が、胃の働きを著しく低下させています。

仮に、自律神経が正常化し副交感神経が優位になり胃への指令は問題なく行われたとしても胃そのものと胃の周辺の筋肉の硬直があると、その指令に応答する能力がありません。

胃や胃の周辺の筋肉の硬直があるという事はどういう事かと申しますと、血流が著しく悪くなっているという事です。臓器にしっかりと血液が供給されて初めて、その機能は十分に発揮され吐き気も改善します。

そのため、自律神経を改善させるだけではなく胃の周辺への硬直を緩めて血流を改善させる事が大切なのです。

胃の周辺の硬直は腹部全体が硬直している場合もありますが、主に胃の裏側の深層筋肉が硬直しているのが通常です。この深層筋肉が緩むと胃がスッキリとした感覚や軽くなった感覚を持ちます。

これは血流が良くなった証で、血流の良い部位というのはスッキリ感や軽さを感じます。

自分で出来る吐き気の対処法

吐き気を感じる男性吐き気を改善させる方法は胃の裏側の深層筋肉を緩めます。吐き気を感じている方は、必ず胃の裏側が酷く硬くなっています。

この事は数多くの自律神経失調症の患者さんの吐き気を感じている方の身体を観察し施術を繰り返す中で明らかになりました。

胃の裏側が緩む事により胃が軽くなったり胃がスッキリし吐き気はなくなり、更に呼吸が深くなります。

自分で吐き気を改善させる方法は、ボールを使います。ボールを床に置いて、胃の裏側をそのボールの上に載せて刺激を与えます。

詳しくは、こちらのメソッドをご覧ください。

 電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線より徒歩5~6分

ページの先頭へ戻る

店内写真