ヘッダー画像

SITEMAP

HOME »  手足の痺れの改善  

自律神経失調症で手や足の痺れが出るのか。

結論から申し挙げますと、手や腕や足の痺れの原因は自律神経とは殆ど直接 的な関連性はありません。全く関連性はないという事ではありませんので その辺りはご理解頂ければと思います。

例えば、手先の痺れは首筋の前面から腕に流れて出ている太い神経が数本 あります。多くの手の痺れを感じている方はこの部位に酷く老廃物が蓄積 していて、少し触れるだけで鋭い痛みを感じる場合が多いです。

この様な状態を放置しておくと鋭い痛みは感じなくなる代わりにこの首筋 前面の筋肉が酷く硬直してきます。すると更に血流が悪くなり老廃物も 蓄積しやすくなります。

この様な悪循環を何度も繰り返して症状は強化されてゆき、自覚症状を感じる 頃にはだいぶ、神経も痛んでいます。しかしこの部位の神経は結構な太さ がありますので、回復も早いです。

この神経の周辺に蓄積している老廃物が神経を痛めて神経の流れを悪くして いますので、この神経が通っている周辺の筋肉を、やさしく刺激して老廃物 を排出させてゆきます。

最初は、触れるだけで激痛を感じていた状態から老廃物が排出されてゆくと 刺激を与えても痛みを感じなくなり、逆にいた気持ちよい状態に変化して ゆきます。

神経の周辺の老廃物が外に排出されると神経の流れが正常化して、血流 の流れも同時に改善してゆき手先がポカポカと温かくなってきます。 そして暫くすると手先の痺れは通常は解放されてゆきます。

足の痺れも神経の流れが悪くなっている。

足先の痺れも自律神経失調が原因で痺れているのではありません。足先の場合の 多くは臀部の中を通っている坐骨神経の流れている神経の周辺の筋肉に老廃物 が停滞している事が原因です。

この状態が酷くなってしまった状態が、いわゆる坐骨神経痛の症状です。 自律神経失調症により起こるとされる痺れというのは、多くの場合には 原因が明確にならない場合に、自律神経失調症で処理されたものと思われます。

自律神経失調症による影響で手や足が痺れる要因もある。 手足の痺れが、当院で診てきて思うのは殆どの場合には筋肉が硬くなり老廃物 が神経の周辺に蓄積したものだと考えておりますが、自律神経の乱れによる 影響も少なからずはあります。

但し、直接的な影響は考えられません。自律神経の乱れにより副交感神経が働 かなくなる事により、筋肉が緊張して神経を圧迫して一時的に手足の痺れを 助長している程度だと考えた方が良さそうです。

手足の痺れ感を改善させるための当院の取り組み

当院では、手の痺れ感を改善させるためには首の前面から腕にかけて流れて いる神経の周辺に蓄積している老廃物を施術にて、流します。

足先の痺れは、臀部に流れている坐骨神経に沿った筋肉の部位に蓄積して いる老廃物を施術にて、流すことにより痺れから解放されてゆきます。

手の痺れに関しては多くの場合には数十分の施術にて殆ど痺れから解放され る事が通常で、慢性化している場合においても3回以内で殆どの場合には 問題なく痺れから解放されます。

足先の痺れは、坐骨神経痛としての施術になります。当院では坐骨神経痛 の施術にも力を入れております。

坐骨神経痛の場合には、多くの場合には かなり慢性化している場合が多く施術回数などは、触診などを行わないと 判断が困難です。

当院にどうしても来店できない場合には、半日断食を行ってみる事をお勧め いたします。半日断食を行う理由は「半日断食で自律神経を整える」のページ をご覧頂ければと思います。

自立神経失調症の症状

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線より徒歩5~6分

ページの先頭へ戻る

整体院の内装