「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

SITEMAP

HOME »  頭痛・脳の疲労感  

脳疲労の原因と改善

脳も筋肉と同様に疲労物質が発生し一説によると「アミロイドβ」と言う物質が脳に蓄積されるようです。脳の疲労感がある方はこのような疲労物質が脳内から排出されずに蓄積している可能性があります。

この説が正しいかどうかは定かではありませんが、何からの疲労物質が発生し脳の機能が十分に発揮されなくなっている事は間違いないと思います。

疲労物質が発生する事が問題なのではなく、排出されないで脳内に留まる事が問題です。

脳疲労は血流障害が原因

正常な脳であれば、疲労物質が発生しても血流により一掃されて血液と共に外に排出されます。

しかし、脳内の血流が悪くなると老廃物は脳内から排出されずに脳内に留まってしまいます。

この状態が脳の疲労感という感覚を生み出しています。脳の血流が悪くなる原因は首筋や肩凝りが原因となっています。

次項は私個人の体験によるものですが、参考になると思いますので少し長くなりますが、読み進めて頂きたいと思います。

脳疲労の原因が明らかになった体験

プロフィールにもありますが、私自身は脳疲労で悩んでいました。30歳頃から感じ初めてそれ以来、ストレスを感じたり知的な作業を行ったり、早口で話す人と会話すると脳疲労を感じ一晩寝ても回復する事はありませんでした。

回復するまでに3日間ほど時間を要し、その間は脳の疲労感でとても不快感を感じ仕事にも支障をきたしていました。

また、肉体労働を行っても脳の疲労感が強くなりました。整体で肉体疲労を感じると脳にも疲労感を感じました。

恐らく、筋肉に血液が必要とされる分、脳への血流量が減少し老廃物が一掃されなくなっている状態だと思われます。

この頃にHPの作成作業を行っていたのですが、脳が疲労してパソコンの前に座るだけて嫌になり作業は5分間も続ける事が出来ませんでした。

この時に感じていた事は、首筋や肩の酷い凝りです。とにかくこの凝りをなんとかしなければ作業に集中できないと思い自分で制作した道具で凝りをほぐす為に1時間ほど悪戦苦闘をしました。

いつもであれば凝りをほぐす為に1時間も行う事はありません。それだけでもかなり疲れるのです。しかしこの時は本当に辛かったので一生懸命でした。

一時間ほどの凝りをほぐす行為を終え、仰向けになり目を閉じて休んでいると何やら脳内に冷水が流れ込んできて、その冷水が疲労物質を一掃すると共に脳が快感物質で満たされていました。

この時に無意識の領域から自然に言葉が出てきて呟いていいました。「あ~そうだったんだ、うつ病の原因というのは単なる血流障害だったんだ」という風に思ったのです。

当サイトは自律神経失調症のサイトですが当院では、うつ病、自律神経失調症、パニック障害などの精神疾患をみています。

頭痛これらの原因は症状は違っていても、根本的な問題に血流障害があり脳への血流が悪くなっている事が原因だという事を認識しています。

話は元に戻りますが、しばらくその快感に浸っていましたが、その快感が無くなると共に頭がクリアーになりやる気が出てきました。

それまで進めたくとも出来なかったHPの作成作業にすぐに取り掛かり、朝まで徹夜し、わずか数時間の間に、これまで何日かかっても出来なかったような作業があっと言う間に終わってしまったのです。

脳の血流障害の改善方法

脳の血流障害を改善させる為には首筋や肩凝りを改善すれば良いという事をご理解頂けたと思いますが、それと共にイラストのような姿勢は絶対にやめてください。

うつ伏せ状態でスマホ

何が問題となっているか分かりますでしょうか?首筋の後ろ側に持続的に力を入れ続けなけばこの姿勢を保つ事ができません。

このような姿勢やこの様な姿勢に類属する姿勢は改めましょう。

精神的なストレスがなくともこの様な姿勢をおこなっていると、これだけでうつ病や自律神経失調症、パニック障害の原因となります。

首筋や肩凝りの改善方法

酷くなった肩凝りや首凝りを緩めるには、ヨガやストレッチ、骨格の矯正など一般的に知られている方法は、殆ど効果はありません。

効果のある方法をこれからお教えいたします。このメソッドは筋トレがベースになっています。

まずは、このメソッドをご説明する前にこのメソッドのベースとなっている体験を理解してから行って頂ければと思います。

このメソッドのベースとなった体験談

既に10年以上も前の事になりますが、週に一度ほど来店されていた患者さまがいました。

いつもは酷い肩こりで筋肉が骨のように硬くなっていました。ところがある日来店された時に、その骨のように感じていた筋肉がクニャクニャになっていたのです。

どういう事なのかと疑問に思い、そのお客さまに「今日何かされましたか?」とお聞きしたところ「さっきまでジムで筋トレしていてその帰りです」という返答でした。

この時に分かったのが筋トレ直後の筋肉は血流が極めて良くなっていて筋肉が一時的にでも緩むという事です。

しかし、次に来店された時にはいつもと同じように骨のように硬くなっていました。

筋トレで硬直した筋肉は緩むが時間の経過で元に戻る

筋トレで高負荷をかければ筋肉は柔軟性を帯びるけれども時間が経過すれば元に戻る。それは何故か?

筋肉内に蓄積している老廃物が排出されていないからです。筋トレを行いその直後には血流が良くなり筋肉は一時的に緩みます。

通常であれば血流が良くなれば老廃物も排出されますが慢性化した凝りに蓄積されている老廃物は排出されづらくなっています。

筋トレ直後に老廃物を排出させるようなメンテを行えば筋肉は柔軟性を取り戻してゆきます。

簡単に言えば、筋トレ直後に整体やマッサージを行えばよいのです。しかし筋トレ直後で10分以上経過していれば殆ど効果はありません。

筋トレで背中や首筋を緩めるメソッド

前置きが長くなりましたがいよいよ筋トレで背中や首筋を緩めるメソッドです。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線より徒歩5~6分

▲上に戻る ↑

整体を受けたお客様の声

お客さまの声お客さまの声