「自律神経・うつ・パニックは吉祥寺のてぴあん整体院」ヘッダー画像「自律神経・うつ・パニックは吉祥寺のてぴあん整体院」ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » 自律神経補足情報 » 交感神経と副交感神経

心はどこにある?

中枢神経とは脳と脊髄の事で、末梢神経とはその中枢神経から出ている身体の末端にある神経の事です。脳から出ている神経を「脳神経」、脊髄から出ているものを「脊髄神経」と言います。

これらはどのように心と関係しているのでしょうか。脳や脊髄にある中枢神経は神経の中でもセンターの役割をしていて、自律神経は末梢神経にあたります。

「心」はどこにあるのかという問題はとても難しいですが、ひとつの説としては「生まれてからの記憶が形取ったもの」だと言えます。

これは好き、これは嫌い、今日は寒い、これは美味しい、運動は苦手、転ぶと痛い、などですね。記憶は脳の「海馬」というところが司っています。

ですので、心は脳と密接な関係があるとも言えます。ですが、心と脳の関係ははっきりとは明らかになっていません。

東洋医学では、「心」は心臓や中枢神経を含むとされています。心臓が血液を運んでいる事はご存知かと思いますが、心臓がうまくはたらかないと、顔色が悪くなり、手足の冷え、息切れやめまいなどの症状が出てきます。逆に心臓のはたらきが活発になると、動悸やのぼせ、頭痛、充血などが起こります。

神経がないと、どの臓器もまったく動かない

ヒトの細胞は約60兆個と言われ、いくつかに分かれてはたらいています。総合病院に行くと内科や循環器科、脳外科、整形外科などに分かれているように、身体の中でブロックに分かれて活動しています。

その細胞のブロックが乱れずに活動するには、神経のはたらきが必要です。脳や脊髄の中枢神経から発した情報を、末梢神経がキャッチして指示を出し、身体をコントロールしています。

寒いと内臓が冷えて大変ですから、末梢神経が寒さをキャッチして身体を温めるために身震い、つまり筋肉を動かして血流をよくし、内臓を温めるなどしています。

毎日正しく内臓が動き続けるようにする身体のはたらきをホメオタシス=恒常性と言います。身体はそれ自身、恒常性を保つようになっています。

例えば眠っているときでも呼吸は起きているときと同じように行っていますし、心臓を故意に止めようと思っても無理です。

このホメオタシスの制御を司っているのが自律神経です。ですので、ご飯を食べたら消化する、息を吸ったら吐く、心臓が止まることなくはたらく、体温を一定に保つなど、すべての内臓のはたらきは自律神経が担っていると言えます。

逆にそういった理由から、自律神経が正しくはたらかないと内臓に不調が出る事もあります。暑くないのに汗が出る、微熱が下がらない、何もないのに動悸がする、などです。

交感神経と副交感神経の違い

自律神経は2種類のまったく逆の性質を持つ「交感神経」と「副交感神経」という神経で成り立っています。その2つの自律神経がうまくバランスを取る事で、人は身体を休めたり、頑張ったりできるのです。

交感神経は緊張する状態、ストレスがかかったような状態で活性化します。昼間働いている時間(家事などでも同じです)には、交感神経が活性化し優位な状態になっています。

活動時でも、仕事を順調にこなしている時と締め切りなどに追われている時などではストレスレベルが違いますので、後者の方がより交感神経を使っていると言えるでしょう。

交感神経が優位にはたらくと血管が収縮し、血流も悪くなり、心臓が血液を流そうと心臓がばくばくしたりします。身体がこわばったり、冷や汗が出たりといろいろな症状が出ます。

副交感神経は主に休息している時に優位になる神経です。湯船にゆっくり浸かっている、眠っている、休憩時にリラックスしているなどの時に優位になる神経です。

交感神経が常に活性化している状態が続くと、副交感神経優位の状態に切り替える事がだんだんと難しくなり、自律神経のバランスが崩れてきます。そうなると、「何となく落ち着かない」「寝てるようで寝た気がしない」などといった症状が出てくるようになります。

不調が出たらまず病院へ

自律神経かなと思って心療内科に行くと、まずいくつか問診されて、「動悸がする」という症状に対しては循環器科、「頭痛がする」という症状に対しては脳神経外科など他の診療科にかかって診てもらうよう勧められるかと思います。

これは重篤な疾患が心臓や脳にないかどうかを検査するためです。臓器の疾患がない事が確認できたら、不眠には睡眠導入剤、不安には抗不安剤など医師の判断で処方されるかと思います。

カウンセリングや心理療法などを勧められる事もあるかもしれません。睡眠リズムや生活習慣に問題がある人は、その対処のためにアドバイスをされるかと思います。

食事制限や運動、飲酒や喫煙などの制限を受ける人もいるかと思います。薬はあくまでも睡眠リズムや生活習慣を正常にするための助けであり、薬を飲んだからといって次の日から自律神経が正常にはたらく、という事はないからです。

脳神経外科では違ったアプローチの仕方をします。脳神経外科では脳派の検査やMRIなど、脳の器質的な疾患がないかどうかを調べます。脊髄小脳変性症やレイノー病、クインケ浮腫などの特殊な疾患がないかどうかを調べます。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5~6分

▲上に戻る ↑

整体を受けたお客様の声

お客さまの声お客さまの声