「自律神経・うつ・パニックは吉祥寺のてぴあん整体院」ヘッダー画像「自律神経・うつ・パニックは吉祥寺のてぴあん整体院」ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » 自律神経補足情報 » 見落としやすい症状とは?

汗のかき方が不安

人間が汗をかくのは体が体温を調節するためです。例えば運動をすると体が温まります。すると自律神経が働き、体温を調節してくれます。

これが通常の状態なのですが、例題の様な状態以外で手の平や脇下、背中や顔、頭に汗が出るならば自律神経の乱れが原因になっているのかもしれません。

他にも寝汗が酷いなども当てはまります。自律神経になると汗をよくかくと言う症状が見られます。 自律神経は交換神経と副交換神経のバランスを保つ事で成り立っています。

しかし交換神経が優勢に働き過ぎると汗をかきやすくなるのです。自律神経は自分でコントロール出来るものではありません。

多汗症はその主な例のひとつで、汗をコントロールする交感神経がうまくはたらかず汗が異常に分泌されてしまう症状です。

この多汗症は汗をたくさんかいてしまうということだけに留まらず、汗をかく事が気になると体の不安や臭いを感じ始め、人前に出る事が怖い、恥ずかしいと思いストレスへと繋がってしまいます。

熱中症に注意

逆に汗をかきにくいケースもあるんです。これも交換神経が原因で起こる症状の1つです。汗の臭いなどが気になり汗をかかない様にと過剰に意識していると体も反応してしまいます。

体質的に汗かきの人から見れば羨ましいと思われがちですが、汗をかかない人にとっては大変な悩みです。普段汗をかけないでいると、たまに汗をかいた時は粘りのある臭い汗が出るようになります。

また汗をかきにくいと体内の熱が放出されず夏場は熱中症になる危険性もあるので注意が必要です。 自律神経の乱れを整える事が必要です。とは言え直ぐに成果が出るものでもありません。

応急的処置として外出先ではボディシートや制汗スプレーの活用、入浴時は半身浴とデオドラント効果の高い入浴剤を使用すると良いでしょう。

生活習慣の改善やストレスの軽減による自律神経の回復が最も大事です。 自然治癒が難しい場合は病院で医師に症状を確り伝えると症状に合わせ抗不安剤や自律神経調整薬など処方されます。

最初はなるべく総合病院の様に様々な診療科がある方が間違いないです。他の症状も気付かぬうちに出ている場合も対処して貰えます。

枝分かれして出る症状

食物アレルギーなどの理由もなく、赤くくっきりとした痒みを伴う発疹を度々繰返すならば自律神経の疑いがあります。

蕁麻疹は子供が発症する場合原因が特定されやすい病気ですが、大人になって発症す場合は原因がはっきりしにくいのです。

正常に自律神経が働いている場合は体に何かしらの不調が起こり、それらを体外へ押し出そうとして蕁麻疹が現れますが、職場や対人関係によりストレスを感じると蕁麻疹が高い確率で現れる場合は自律神経の可能性はかなり大きくなります。

自律神経の乱れによる蕁麻疹を「心因性蕁麻疹」と言います。例えば転職、結婚、一人暮らしなど生活環境が大きく変わったり仕事のし過ぎたりすることによるストレスで、体に負担がかかる事が原因と言われています。

そして自律神経から来る蕁麻疹によって起こされる体の不調として疲労感やだるさ、体に力が入らないなどの症状も併発します。このまま放置すると「鬱病」や「対人恐怖症」など二次的な症状を起こす事もあります。

ストレスや疲れを取り除く為にも睡眠時間を多く取る、タイミングがあれば少しの時間でも休息を取ると疲労感は軽減されます。他にもお友達と出掛けたりなど自分に合った気分転換も効果的ですね。

女性は絶対避けたい症状

ある日ふと鏡を見てみると円形に髪が抜けていて驚いたと言う話を時折耳にします。特に女性にとっては何より辛い事ですよね。所謂、「円形脱毛症」です。

毛髪は毛乳頭細胞から作られ毛細血管から栄養を補給し毛髪を成長させます。しかし交換神経の異常により毛細血管から届くはずの血液が滞る事により毛髪が抜けやすくなってしまっているのです。

ストレスが関与している事から責任感が強い人ほど高い確率で発症しています。 人間は緊張感やストレスを感じると汗をかきやすくなりますが、その汗によって頭皮の毛穴が詰まる事も要因になります。

交換神経の異常さえ落ち着けば毛細血管は再び通常通りの大きさに戻り、半年程で自然に治る事が多いです。ですが本人にとってはその期間は苦痛でしかありません。

ここでストレスが負荷されると交換神経の安定を阻害しストレスの連鎖により治るのも困難となります。 ストレスの回避、リラックスするなど体の緊張を解してあげましょう。

頭皮のマッサージも良いでしょう。マッサージによって毛根の活性化を促す作用があります。

足の違和感、不快感に注意

加齢と共に体の各所に痛みなどが出てきます。足がつったり、浮腫んだりする事は年齢が上がれば当たり前と思われがちですが、実はここにも自律神経のサインが出ている時があります。

正座した時の様な痺れや足に手を添えても触れている感覚がないなどの症状は神経系の不調が考えられます。特に痺れは自律神経の前触れかもしれません。

足だけ痺れていたのに気付けば体のあちこちに痺れを感じる様になった時は要注意です。

足の症状は人それぞれですが、神経の異常から来るものは筋肉が緊張し血液の流れが悪くなる事で酸素不足になり引き起こされます。 まずは筋肉の緊張を解し血液の流れを良くする事です。

それにより酸素も行き渡り不調の解消にも良い働きとなります。どの症状においても、慢性的に続く時は病院で1度検査して貰うのが良いです。そのままにしておくと更にストレスを増やし悪循環にしかなりません。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5~6分

▲上に戻る ↑

整体を受けたお客様の声

お客さまの声お客さまの声