「自律神経・うつ・パニックは吉祥寺のてぴあん整体院」ヘッダー画像「自律神経・うつ・パニックは吉祥寺のてぴあん整体院」ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » 自律神経補足情報 »自律神経とうつの違いとは

うつによる症状

うつは、16人に1人がかかるとされる身近な病気です。ではどんな風にうつになっていくのでしょうか。まず心に変化が起きます。

具体的には抑うつ気分と言われると憂鬱で悲しい、希望が見出せない、落ちこむなどの気分がずっと続いたり、不安や焦燥にかられてイライラしたりします。

そのために遠くへ行きたい・消えてしまいたいなどの希死念慮が湧く、興味や喜びがなくなる、意欲が低下するなど、どんよりとした気分が続きます。

また、心だけではなく体に変化が生じることもあります。睡眠障害や食欲減退、疲労・倦怠感、動悸や息苦しい、身体が重いなど、心の症状に加えて身体の症状も現れる事もあり、こうなると身体の治療も必要です。

心や身体の症状を訴えに病院へ行く際には、どんな症状があるかメモして行くと良いでしょう。

うつは治療することで徐々に回復して行きますが、復調に向かっている時期が実は一番危険です。心と身体を十分に休めたら、少しずつ散歩に行く、買い物に行く、睡眠リズムを整えるなど、負担のない範囲で取り組みましょう。

回復期こそ再発してしまうおそれがありますので、治ったと思って薬を勝手にやめたり、就職活動をしたりするなど急な変化はしないようにしましょう。回復期でも薬もきちんと飲んで、無理をしない事が大切です。

自律神経からのうつ

自律神経は身体に症状が出る病気で、その後心にも変調をきたすとうつを併発させる可能性があります。

自律神経の主な症状は、睡眠障害や倦怠感・疲労感、頭痛や耳鳴り、食欲不振、動悸や微熱などですが、この症状はうつにも共通して出ます。ですので「うつなのかな?」と思ってしまう事もあります。

ですがうつの場合は先に心の症状が出ます。具体的には、意欲がわかない、落ち込む、不安や焦燥、死にたいなどという症状があったら、うつの可能性の方が高いです。

自律神経の人が身体の不調からこのような心の症状も出てきてしまうと、うつにもなってしまいます。

身体の調子が悪いというのは辛いものです。仕事などが辛い時に心労が重なるとそれがさらにストレスとなり、心にも変調をきたしうつへと移行してしまうのです。

自律神経は2つの自律神経、つまり交感神経と副交感神経のバランスの乱れが原因で起こる病気ですが、うつは脳内のホルモンバランスの乱れが原因で起こる病気です。

ですが、自律神経のバランスと脳内ホルモンのバランスの両方が崩れてしまうと、うつへと移行してしまう恐れがあります。この場合、体に病気や疾患がないにも関わらず調子が悪い「不定愁訴」と呼ばれる状態に陥ります。

2つの病気の発生原因

自律神経は2つの自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが乱れる事で起こる病気です。

バランスが乱れる原因としてストレスが挙げられますが、ストレスは人間関係だけでなく、部屋に日が当たらず寒い、乾燥しているなど気候や天候、身体の歪みが原因であちこち痛いけど治療する時間もない、ずっと忙しく寝不足が続いている、花粉がひどくてイライラするなどさまざまあります。

ストレスによってイライラすると交感神経が優位にはたらいてしまい、いつまでもゆっくり休めないので副交感神経がはたらきにくくなってしまいます。こうしてバランスが崩れて行きます。

うつは自律神経と似た症状も出ますが、脳内のセロトニンやアドレナリンというホルモンの分泌がうまく行われずに起こる病気です。

意欲がない、希望が持てない、死にたくなるなど心の不調が主になってきます。やる気や意欲がない事できちんと食事を摂らなかったり、運動不足になったりして身体にも症状が及ぶ事もあります。

またうつの人は不眠を訴える事が多いですが、不眠や睡眠リズムが狂うことで通常の生活リズムができないという事もあり、その事で焦りや不安に感じる人もいます。

心と身体は連動していますので、心が疲れている時は身体も疲れています。まずはゆっくり休む事が必要ですが、うつにかかる人の特徴は、真面目、几帳面、神経質、完璧主義などがあげられます。

そういう人は、休む事に罪悪感を感じてしまう事があります。しかし頑張りすぎて心も身体も悲鳴をあげている状態ですので、今は休む事が仕事と割り切って、しっかり休息を取ることが大切です。

ぬるめの湯船に浸かる、アロマなどを活用する、マッサージなどでリラックスして体と心を休ませましょう。

2つの病気の検査と治療

シェロング起立試験とは、自律神経がきちんとはたらいているかどうかを検査する試験です。寝転んだ状態と立った状態で血圧を計り、どれだけ差があるか測定します。

自律神経は血圧を一定に保とうとしますので、寝転んだ状態と立った状態で血圧に差がある場合は、自律神経がきちんとはたらいていない恐れがある、とみなされます。

自律神経は主に身体の不調ですので、動悸などをうったえて心療内科に行ったとしても、循環器科に行くように言われる事もあります。

これは医師がヤブ医者なのではなく、自律神経でも命に関わる事はないですが、心臓などの疾患では命に関わる事だからです。

こうしていろいろな検査をしても異常なしと言われると「不定愁訴」という事で心の病である可能性が高い、と判断されるのです。

うつの場合は急性期だと病院に行く事もままならなくなります。おかしいなと思ったら相談だけでもいいので、早めに病院やクリニックに行くようにしましょう。

その際にどんな症状があるのか、メモをして行くと言い忘れがないでしょう。一人で病院を探して行くというのが難しい場合は、ご家族や友人の助けを借りてもいいです。早期の治療が早期回復につながります。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5~6分

▲上に戻る ↑

整体を受けたお客様の声

お客さまの声お客さまの声