ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » 自律神経の治療法や各種療法

自律神経の治療法や各種療法

自律神経の治療法で最もポピュラーな方法は病院で処方される薬を服用するというのが一般的です。しかし、薬の服用では問題解決しない心の病気や生活習慣の改善、どうしても改善されない肩凝りや首凝りなどには他の療法があります。

薬物療法だけに拘ることなく自分にあった各種療法を見つけ、出来るだけ早く快適な生活に戻れるように積極的な治療を行う事が必要です。

全てを医師に依存するだけでは、なかなか改善する事は難しいと思います。自分でなにがなんでも治すという気持ちが必要です。病院や医師はその手伝いを行うと考えましょう。

てぴあん整体院でも根本的に自律神経が改善されるように自分でも出来るメソッドを用意しています。

自律神経の治療法の種類

薬物療法 抗不安薬
抗うつ薬
自律神経調整薬
自律神経末梢薬など
病院で処方される薬の種類と用途
ビタミン剤も処方される場合があります。
漢方療法 漢方薬では患者さんを総合的にみて適切な薬を処方します。 効果は穏やかですが、根本的な治療を目指します。
自律神経に効果的な漢方薬
精神的な療法 カウンセリング
一般心理療法
交流分析
精神分析
認知行動療法
森田療法
自律訓練法
弛緩療法
音楽療法
箱庭療法
生活指導 生活習慣の見直し
食事
睡眠
運動
休養
物理療法 指圧
マッサージ
鍼灸
温熱療法
各種民間療法 整体
カイロプラクティック
温熱療法
アロマテラピー
食事療法

カウンセリング

カウンセリング自律神経の患者さんは、心の中に葛藤や不満、悩みを抱えている場合が多くみられます。しかし、これらの悩みを誰にも話す事が出来ずに自分の中で感情がくすぶっている場合がみられます。

心の内にある負の感情は言いかえるとマイナスのエネルギーです。この負のエネルギーは何らかの形として表現しないと、身体にマイナスの影響を及ぼします。

カウンセリングで負の感情を言葉として話す事により、負の感情はニュートラルに変換します。辛い体験や症状などをカウンセラーに話す事だけでも心は軽くなり身体にも良い影響を与える事ができます。

カウンセリングのメリットは、自分では頭の中をグルグルと回っていた思考が他者の思考が入る事で、自分の心の状態を鳥瞰的に第三者的にみる事ができ気づきを得る事が可能になります。

私個人的には、悩みを誰かに話すだけでも効果が得られると思います。身近な人に話す、よりも他人に話す方が話やすく本音を言いやすく本音で話す事が出来ればそれだけ効果が高まると感じます。

認知行動療法

心理療法の中でも認知行動療法は代表的な療法です。認知行動療法ではその人が持っている「自動思考」がどのようなものであるのかを明確にします。

その「自動思考」による「認知」がストレスの原因になっていないかと見極め「認知のひずみ」に働きかけてストレスを軽減していこうという療法です。

森田療法

森田療法は、症状を問題にするのではなくあるがままに行動します。手の震えがあるのが問題ではなく、その事から逃げて行動に自ら制限し生活に支障をきたす事を問題とします。

恐怖心や羞恥心はなくなるものではなく、そこに注目するのではなく目的を達成する事に意識を向けます。

震えながら恥ずかしい思いをしながらでも達成できた時に自信を取り戻す事で、その体験がフィードバックされて心身によい影響を与えます。

森田療法は主に神経症や強迫神経症などの症状を持つ方が活用されています。全国各地には生活の発見会という自助グループによる集まりがあります。悩める人が集まり自分の悩みや実践したあとの体験談を話したりします。

いろんな人の話を聞く事で自分だけがいろんな悩みを持っているのではなく、人は普通の顔をしていて実は多様な悩みを抱えていると知る事が出来ます。

自分だけが悩みを持っているのではないと知る事だけでも癒しに繋がりますので心に響いた方は是非参加してみてください。

会費も入会金 \4,000円 年会費\12,000円程度で負担も少なく参加する価値があると思います。

NPO法人 生活の発見会

心身の疲労を回復する整体

心身が疲労困憊していて、自分では何もする気がしない。取り合えず身体と心を楽にしてもらいたいと思っている方。すぐに楽になりたいと思っている方はてぴあん整体院に来店頂ければと思います。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5~6分

▲上に戻る ↑

整体を受けたお客様の声

お客さまの声お客さまの声