「自律神経・うつ・パニックは吉祥寺のてぴあん整体院」ヘッダー画像「自律神経・うつ・パニックは吉祥寺のてぴあん整体院」ヘッダー画像

SITEMAP

HOME »  自律神経関連コラム » 更年期障害と自律神経の違い

更年期障害と自律神経の違い

お腹がすく女性更年期障害は女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、「閉経」と言われる状態の前後に起きます。

更年期とは閉経が起こる前後の5年間を更年期といいます。45歳ぐらいから55歳ぐらいまでを更年期と呼んでいます。

更年期には女性ホルモンの分泌量が減少します。女性ホルモンの一つである卵胞ホルモン(エストロゲン)は更年期を過ぎ老年期を過ぎると分泌がされなくなります。

この卵胞ホルモンは、女性にとって以下のような多くのメリットがあり自律神経のバランスなどの安定にも関わっています。

エストロゲンが減少すると、脳はエストロゲンを増加させようとして卵胞刺激ホルモンを分泌させます。しかし閉経しようとしている更年期の卵巣は、以前のようにエストロゲンを分泌することができません。

そして、卵胞刺激ホルモンはたくさん出ているのにエストロゲンは少ないままというホルモンの乱れが起きてしまいます。

ホルモンバランスが起きると顔がほてったり、暑くないのに汗をかいたりと更年期独特の症状が出ます。

更年期は子供の独立や夫の定年、親の介護など生活スタイルの変化が生じる時期でもあり、生活習慣の変化によるストレスや家庭や職場などでのストレスも加わって更年期障害を引き起こします。

最近では若年性の更年期障害もあり、30代くらいの年齢でも更年期障害の症状が現れる人もいます。

更年期障害には個人差があり、更年期でもほとんど変わらない生活をしている人もいれば、感情に振り回されて日常生活もままならないという人もいます。

今のところ更年期障害の治療にはホルモン注射をしてホルモンを補充する治療が一般的ですが、漢方やピルなどを活用し、ホルモンを安定させている人もいます。

お酒やタバコ、運動などの生活習慣を見直すと同時にビタミンやミネラルを十分に摂るよう心がけましょう。

更年期障害にはほてりやのぼせ、動悸や多汗、めまいやむくみ、冷え、頻尿、肩こりや腰痛、イライラやうつ、不安や神経質、睡眠障害、月経不順など人によってさまざまな症状が出ます。

このような症状が出たら病院で一度診てもらうようにしましょう。

自律神経更年期障害による女性ホルモンの分泌量が減少する事により引き起こされる症状の一つと言う事がいえます。

更年期障害は女性ホルモンの分泌量の減少により起こる精神的症状と自律神経が相互に関連しあって起こる不定愁訴(ふていしゅうそ)という事がいえます。

更年期障害に起こる身体的な症状

更年期障害に起こる身体的な症状

更年期障害の症状は殆ど自律神経と酷似しているという事が言えるかと思います。

但し更年期障害の発症の原因が女性ホルモンの減少により自律神経が乱れ自律神経のさまざまな症状が引き起こされると考えられます。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5~6分

▲上に戻る ↑

整体を受けたお客様の声

お客さまの声お客さまの声