「自律神経・うつ・パニックは吉祥寺のてぴあん整体院」ヘッダー画像「自律神経・うつ・パニックは吉祥寺のてぴあん整体院」ヘッダー画像

SITEMAP

HOME »  自律神経関連コラム »うつの原因を理解した体験談

うつの原因を理解した体験談

整体院を始めた当初は、リラクゼーションを目的とした整体を行っていましたが、この体験をしてからは精神疾患を中心とした整体をてぴあん整体院では行っています。

脳の血流が精神作用に影響を与える事を確信した為です。以来てぴあん整体院では脳の血流を改善させる事により、うつや自律神経やパニックの改善を目的とした整体を行っています。

首や肩凝りになると脳が疲れる。

私は元々、気分が落ち込みやすく40歳の時に会社の人間関係と仕事の激務によりうつを発症し一年間寝たきりになった事があります。

その後、以前より興味があった整体の仕事を始めるようになりました。

整体の仕事を初めて暫くして、仕事も順調になりかけて一日の施術数も増えてきました。

その頃からお店のホームページを作り初めていましたが、首や肩、背中の凝りが酷く、頭も酷く疲れてホームページ作りに手が付けられなくなっていました。

パソコンの前に座り、作業を行おうとするのですが5分もすると脳が疲労しやる気をなくしていたのです。気分も鬱っぽくなっていました。

私の場合、肩や首の凝り感が強くなってくると脳の疲労感が強くなり肉体的な仕事は支障がありませんが、知的な作業を行おうとすると脳が拒絶反応を示すような感覚になっていました。

「これでは、どうしようもない何とかしないと何時までたってもホームページが作れない」と思い、取りあえずこの酷い凝りをなんとかしなければと思いました。

そこで、自分で制作した道具を使い一時間ほど首や肩、背中の深部の筋肉をゆるめる事を行いました。

普通は10分も行うだけで凝りを緩める事だけで疲れてしまいますので、一時間も行う事はありませんでしたが、その時には凝りが酷く何とかほぐしたいと頑張りました。

その後、仰向けになり目を閉じて休んでいました。

すると、スルスルと首筋や後頭部あたりから冷たい水が脳の中に流れ込み脳の内部の疲労物質を洗い流しているような感覚を覚えました。

その後に脳の内部が快感物質で満たされ、その快感に浸っていました。

そして、自分の潜在意識の中から言葉が自然に出るように「あーそうだったんだ、うつは脳の血流が悪くなっていただけなんだ」という言葉を無意識の内に呟いていました。

暫くするとその快感も消え脳の内部はクリアーになりスッキリとした感覚になっていたのです。

そして、嘘のようにやる気になりホームページ作りを再開しました。それまでは5分と持たなかったのですが、その後は徹夜しても全く脳の疲労感は感じませんでした。

そして、これまでなかなか手が付けられなく何日もかかっていたホームページ作りを一気に終わらせてしまったのです。

この体験をした事がきっかけとなり自律神経、うつ、パニックを中心とした整体を行っています。

うつだけではなく、自律神経もパニックも脳の内部の血流が悪くなっている部位が違うだけで根本的な原因は、いずれも脳の血流障害だという事が分かってきました。

更に、首筋や肩、背中だけの凝りだけではなく、呼吸が浅くなると脳の血流が悪くなる事が分かってきました。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5~6分

▲上に戻る ↑

整体を受けたお客様の声

お客さまの声お客さまの声